ヘッダー画像2018

ピアスオーダーメイド

片方紛失してしまった18金のピアス。

 

残っているピアス片方をお預かりしました。

素敵なフリンジデザインですね〜

 

18金ピアスオーダー

 

もう片方を作成する、というご依頼です。

 

加工工程は、まずピアスフックの原型を作ります。

 

シルバー素材で、曲げたり叩いたり、削ったり・・・

 

シルバー職人

 

忠実に複製し、磨いてピアスフック原型が出来上がりました

 

シルバーピアスオーダー

 

この原型をシリコンで型取りをし→シリコン型にワックスを流し

→ワックス型を石膏で型取り→K18でキャスト(鋳造)します。

 

キャスト後の18金ピアス。ザラザラしているので白っぽい

 

18金ピアス加工

 

湯口(金を流し込む入り口になる部分)を切り取り、

形を微調整し、磨いてピカピカにします。

 

次に、7個の穴を開けます。慎重に・・・

 

やっとここまできた〜

 

右が元のピアスです。

 

ピアス片方オーダー

 

フリンジ部のチェーンは、ベネチアンというデザイン。

四角いボックスのコマが連なっているタイプです。

 

チェーンはメーカーや国によって、太さや

1コマづつのピッチが微妙に異なるので、

近いもので作成することをご了承いただいています。

 

7本のチェーンに丸カンをロー付けし、

ピアス本体に組み合わせて完成です。

 

ピアス片方オーダー

 

左が元のピアス。右は作成したもの。

 

元のピアスのチェーンが少しよれてしまっています。

ベネチアンチェーンは、1コマのボックスがとても薄いので

使ううちに、ねじれてしまうのです。

 

新しく作成したチェーンの方が若干細く見えます。

 

着用時には遜色なくお使いいただけます。

 

ピアス片方オーダーメイド

 

「わぁ〜すごい!よかった、これで使うことができます。」

ご依頼主様にとっても喜んでいただけました〜

 


フープピアスを復元!

片方なくしてしまったピアス。

お気に入りでよく着けているピアスだと・・・

ショックですよね。

 

ピアスのデザインや構造によりますが

私が制作できるものでしたら、失くした片方を復元いたします!

 

今回お預かりしたのは

センターにパールを一粒はさんだフープピアス。

 

片方ピアスリメイク

 

金色のメッキが退色してるので、

片方を新しく作ったら、2つまとめてメッキすることに。

 

付いていたのは人工パールなので

お湯で煮て接着剤をふやかし、パールを取り外す際に

パール層がダメになってしまうリスクがあります。

 

その旨ご了承いただき、パールも新しいものに。

 

完成品です。

 

ピアス片方作る

 

左は元のピアス。右が制作したピアスです。

 

フープピアスを作る

 

素材はシルバーで、18金メッキ仕上げ。

パールは貝パール。ツヤてりよくパキッとした存在感です。

 

フープピアスパール

 

お引き取りの際に、ピアスキャッチはお好みのタイプを選択。

 

同じように復元した完成品に、プチ感激してくださいました!

 

ご愛用くださいね!ご依頼ありがとうございます〜

 

さて、来月8月11日〜20日、ショップは夏休みをいただきます。

 

毎年ほぼ何処へも出かけませんが、

娘に弁当持たせて夏季講習に送り出したら

お家でニャンコとゴロゴロしたり、

読書したり、DVD見たり、友人と遊んだり。

 

工房の大掃除をして、機械やローラーに油を差し、

万全の体制を整えて・・・

ただいまご依頼頂いているオーダー、リメイクの加工に

じっくり取り組みま〜す!

 

 

 


なくしたピアス片方制作

無くしてしまったピアス片方の製作について

お問い合わせや、ご依頼が多くあります。

 

気に入っていたピアス、思い出のあるもの

プレゼントされたピアスなど、

大事なピアスがまた使えたら・・・

 

どんなものでも作れる、というわけではないですが

素材が入手可能で、私が手作りできる構造であれば

 

大切なピアスを片方のみ復元する加工をお受けします。

 

〜ご相談から、完成までのプロセスをご紹介〜

 

最初にお電話をいただき、内容を伺い、

作成が可能かどうか?検討します。

 

今回、加工を承ったお客様は、遠方にお住まいでしたので

残っている片方ピアスの画像をメールで送っていただきました。

 

ピアス片方制作

 

無くしたピアスつくる

 

スマホで撮影したのでしょうか?

最近のスマホの画素数なら、接写もキレイに撮れるんですね〜

 

お客様より

ピアスの写真を送付いたします。


直径は約6ミリ高さは約2ミリ(丸い部分を含めると4ミリ)です
素材はおそらくメッキで、石の部分はガラスと思われます。

よろしくお願いします。
 

 

実物を確認するまでは、

加工が可能かどうか、わからないのですが

画像でおよその見積もりをお伝えします。

 

ピアスの金属素材は不明ですが、

金メッキ仕上げにラインストーンが接着されているようです。

 

加工代金については、

 

市販されているピアスはある程度量産されるため、価格がお手頃ですが、

片方を手作りの場合、金属地金やストーンなどの素材に加えて、

 

制作にかかる加工時間でお見積もり金額が決定します。

 

残っている片方をお預かりし、そっくりにもう片方を作成するには、

手づくりで同じ形状のものをシルバーで作成し、

金メッキ後にラインストーン貼り付けする手順です。

 

購入された金額よりおそらく高くなってしまう可能性があり、

お見積もり金額をお伝えし、ご検討いただきます。

 

→お客様のご予算内で作成可能でしたので、

ショップへピアスを送っていただきました。

 

(送付は、書留や宅配便など、

手渡しで受領できる配送方法でお願いしています。)

 

ピアス片方をお預かりしました。

 

失くしたピアス片方復元

 

ラインストーンや、メッキ製品を復元するには

2つの問題があります。

 

現在、中に貼り付けてあるラインストーンは、

経年変化で多少白っぽく、くすんでいます。

 

新たに作るピアス片方は、新しいラインストーンを貼付けするので、

キラキラ感が全く同じにならないのです。

 

また、金メッキの色について、

金メッキには、ライトイエローから、

オレンジイエローなどの

かなりの金色の種類があります。

 

元のピアスとなるべく近い金色に心がけますが、

こちらも同じ理由で、経年した金メッキ色と全く同じにはならないのです。


ラインストーンの大きさは、スワロフスキーのチャトン7番だと思われますが、

当店にある在庫では一番小さい5番の次が8番なので、

まずは同じ大きさのラインストーンを探します。

 

後日、ラインストーンがご用意できたことをご連絡し、

加工を進めます。

 

シルバー原型ができました。

 

失くしたピアス片方復元

 

ラインストーンを7個、貼り付ける部分に凹みをつけ、

周りのフリルの数も、元ピアスと同じに。

 

直径6ミリですから、ルーぺ作業です。

 

きっと、大切なピアスで、失くしてショックだったろうな〜

なんて思いを馳せながら

高さや厚み、膨らみなどの細部を近づけるようにしました。

 

次にメッキやさんで、元のピアスを色見本に

なるべく似た色の金メッキをかけてもらい、

ラインストーンを接着して、完成です。

 

左が元のピアス。右が制作したピアスです。

 

ピアス片方制作

 

元ピアスは、ややグリーンがかった金色ですね。

 

ピアス制作

 

正面から

 

ピアス制作

 

右の新しい方が、ストーンがキラキラします。

 

小さくてわかりにくいかも?と、いっぱい画像撮りました。

 

ピアス手作り

 

ピアス手作り

 

画像をメールでご確認いただきます。

 

松島様

ご連絡ありがとうございます。

完成した写真を見て感動しました!
本当にそっくりに作っていただきありがとうございます!
 

 

よかった〜 キャッチをご用意して、発送します。

 

ピアスオーダー

 

到着後に、ご連絡くださいました。

 


今日無事にピアスが届きました。
大満足な仕上がりで、とても嬉しいです。

ありがとうございました!

 

実物をお気に召していただけて、とても嬉しいです!

ご愛用くださいね〜

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 


失くしたピアス片方を作る

片方だけ紛失してしまったピアス。

同じものを探してみても、もう販売していない・・・

 

大切な方からの贈り物や、記念のジュエリーは

なかなか諦めきれないものですよね。

 

当店では、ピアスの材質、デザインや構造を詳しく拝見し

加工が可能であれば、片方のみを復元する加工を承っています。

 

今回の御依頼主様からは、お電話でのご相談の後

確認のため、ピアスの片方をお店に送っていただきました。

 

到着したホワイトゴールドとパールのピアス片方。

 

結論から言って、同じピアスを作ることは可能だろうけれど、

構造の強度から、またどちらかが壊れて失くしちゃうかも・・・

という心配があり、まずは詳しく内容をご説明しました。

 

K14WGで同じ大きさのピアス骨格を作り

ロジウムメッキをかけてから片方の付け根を切って

パールとミラーボールを交互に入れてから

切った部分をレーザーで接合する

 

そういう方法で作られたピアスです。

 

(バーナーの火でロー付けするとパールやメッキが燃えてしまうからできない)

 

しかし、レーザーの接合というのは、

通常のロー付けより強度がない。

(地金の表面だけの接合で、深層部までくっついていないから)

 

ピアスポストなど、強度を必要とする可動部分にレーザー接合を使うことは

当店では今まで承っていないのです。

 

こういった構造のピアスは

キャッチの根元のところがポロリと取れてしまったり

キャッチが緩んでピアスが外れやすくなったり

 

よく修理のご相談に持ち込まれます。

 

市販のジュエリーには、デザイン優先で構造の強度は二の次という

ものも存在します。

 

気にいったジュエリーを購入する時に

「これはこう使うと壊れやすいですから気をつけてください」

と、説明する販売員さんはあまり見かけないので

 

使い方や、使用の頻度にもよりますが・・・

でもある日突然壊れちゃった!

というショックはかなり大きいものですよね。

 

なので当店では

「いずれ壊れてしまう可能性が高いものは、加工を受けない」

という前提なのです。

 

御依頼主様へは、加工は可能ですが

永久に丈夫な構造ではありませんとお伝えしました。

 

この間、メールや電話にて以上のことをご説明し、

他の方法に作り変えたらどうなるか、等のご相談もあり、

何度かのやりとりで、しばらくご検討を頂きました。

 

その後、構造の弱さは承知でも、やはり同じものを作ってくださいと

ご連絡をいただきました。

 

「とても大切なものなので、

また二つそろってつけることが出来たら本当にうれしい」という

御依頼主様のお気持ちにお答えするよう、頑張ります!

 

ピアス完成画像です。

失くしたピアス片方を作る

 

元のピアスと、新たに製作したピアス、

淡水パールの形状や大きさがわずかに違うのと

ピアスのパーツの仕様部分が少し異なりますが

お使いいただくのには、遜色ないと思います。

 

今までにご説明した通り、どちらのピアスも、キャッチ側の付け根をレーザーで接合しています。

ここは着け外しの時に負荷がかかる部位ですから、着け外しの時は十分にご注意くださいませね。

 

ありがとうござました😊
画像みて感激しています。
都合つき次第取りに伺わせていただきます。

 

喜んでいただけて何よりです!

 

ジュエリーとは、それぞれの人にとって

お値段やブランドとは関係なく

「ご自身の想い」という大切な価値があるものです。

 

完成品はお送りする予定でしたが、

遠方からお車でご来店くださいました。

 

その日私はお会いすることができなかったのですが、

この度のご依頼、ありがとうございました。

 

また何かご相談があればお気軽にどうぞ。

 

 


オーダーメイドピアス

HPをご覧いただいたお客様より、

お電話にてピアスオーダーメイドのご相談です。

 

遠方のお客様でしたので、詳しいデザインはメールで伺いました。

ご希望の内容は・・・

この画像のようなネームピアスをconejoと5文字で

素材は18Kで文字の下にライン状に小さなダイヤモンドをつけたいです。

横24mm縦9mm奥2mm

コストと重さを抑えたいので厚みは空洞にしたいです。

だいたいいくらほどでできるでしょうか。

送っていただいた参考画像がこちらです。

 

ピアスイメージ

 

ご来店での受注でない場合は(メールやお電話でのご注文)

金額と納期をお伝えした後、完成金額の半額または全額をご入金いただいてから

加工を承ります。

 

まずは、ご希望内容のラフスケッチを起こし・・・

 

ピアスオーダーデザイン

 

スケッチをメールで送ってご確認していただき、

細部の構造や大きさを具体的に決めていきます。

スケッチ大変気に入りました。ありがとうございます。

ライン下まで9mmハート下10mmで良かったです。

ただ横24mmから23mmに変更でお願いします。

18金ピアスポストの太さは0.9mmを10mm間隔で

2本付けることに。

 

このオーダーメイドピアスは片耳用です。

 

ご依頼をいただいた時は受注が多い時期でしたので、

(受注の順に加工を進めております〜)

このピアスも完成までに数ヶ月お待ちいただいてしまい、

ピアスが18金で形になってきたタイミングで途中経過をご報告。

 

磨き前なので、まだ表面がザラザラしています。

ピアスを作る

 

サイズ通りに仕上がりました。

ピアス裏面はこんな感じ。

 

ピアスポスト2本付き

 

側面はお客様のご希望で、2段腰という構造です。

 

この後、磨き仕上げ、ダイヤ石合わせ石留め13ピース、

最終仕上げの工程となります。

 

いよいよ完成!

 

オーダーメイドピアス

 

おお〜美しい!ダイヤモンドもキラキラ!カッコいいですね!!

 

ピアスをオーダーする

 

完成と発送のお知らせメールに、画像を添付しました。

 

ありがとうございます。

素敵ですね!とても気に入りました!

 

気になるロゴの意味を伺うと・・・

 

Conejoの意味はスペイン語でうさぎで、

コネホと読みます。

父がボリビア人でして、むこうでのニックネームがConejoでした。

父を大変尊敬してますのでこの言葉を選びました。

 

わぁ〜〜^^お父様のニックネームなのですね。

とぉ〜っても素敵なオーダーです。

 

ピアスがお手元へ到着後、ご連絡をいただきました。

 

ピアス届きました。

 

とても綺麗で満足です!

大切に使わさせてもらいます。

ありがとうございました!

 

欲しいものができた際は

ぜひまた依頼させていただきたいと思います。

こちらこそ素敵なご依頼ありがとうございました!

どうぞご愛用くださいませ ひゃはー

 


片方なくしたピアス

お気に入りのピアスや、大切なピアスを片方なくしてしまったら・・・

ショックですし、諦めきれないですよね。

 

シルバーや、ゴールド、プラチナ製のものでしたら、片方復元できる可能性があります。

 

これは、お客様からメールで送られたピアス片方の画像です。

 

片方無くしたピアス

ふむふむ・・・楕円の一部が重なっているデザインのシルバー製で、

表面がマット仕上げになっているそうです。

 

横からの画像↓ 重なった部分は、離れているんですね。

 

ピアス片方だけオーダー


遠方のお客様なので、ピアスをお店に書留めで送ってもらうことに。

 

実物を確認し、ピアス片方制作のお見積もりと、完成予定の納期をご連絡。

 

ご了承をいただき、お客様より、お振込でご入金いただき、作成開始です。

 

完成したピアス。左右対称のデザインです。

お預かりしたピアスも、軽く仕上げ直して新品同様に。

 

ピアス片方加工

 

シルバーの表面をマット仕上げをすると、初めのうちは柔らかい白色ですが、

お使いいただくうちに、鈍い銀色に変化してきます。

 

ピアス片方だけオーダー

 

ピアス片方制作のご相談は、直接お店に実物をお持ちいただくか、

遠方の方はお電話で金属や仕様の内容をお知らせください。

その後、メールで画像をお送りいただき、ご郵送いただく流れです。

 

また、メッキ金属にラインストーンのデザインは加工を承ることができません。

 

納期は、デザインにもよりますが、ご依頼が混み合っている時は、

お預かりから完成まで2ヶ月ほどお待ちいただくこともございます。

 

お気軽にご相談お待ちしておりま〜す!

 

 

 


首輪のパーツをピアスに

 

以前、メールのやり取りでルースをお預かりし、

ペンダントに加工のご注文いただいたお客様より、お電話をいただきました。

 

猫ちゃんの首輪についていた石パーツを、ピアスにお直しご希望のご相談です。

 

加工が可能かどうか、実物を拝見して確認の必要がありますので、

ショップへパーツを送っていただくことに。

 

メールにて画像を送ってくださいました。

 

こんにちは! 
石ですが、本日送らせて頂きました!
明日の午後に到着予定です(^ν^)

元々は、もう亡くなってしまったこの子が着けていた首輪(シルバー925)です(^ν^)

 

 

 

猫首輪パーツ

 

にゃ〜。もふもふで毛色がかわいい猫ちゃんですね!

シルバー&天然石パーツの首輪が、よく似合ってますね・・・

 

ぜひともピアスに仕上げて、お使いいただけるようにしたいと思います。

 

星の方はシェル(マザーオブパール)、丸い方はめのう(カルセドニー)のようです。

 

不定形でシルバーの枠がついていますが、ピアスにするのにパーツに火は当てられませんので、

別枠を作成して、枠ごと留めることにします。

 

完成したピアスです。5本の爪でしっかりと留めました。

 

ピアスリメイク

 

裏はこうなっています。

 

ピアス加工

 

猫ちゃんと過ごした大切な思い出が、かわいいピアスになりました!!

 

正面から。

 

ピアス加工


HPの商品からご注文のハート&ターコイズネックレスと一緒に宅配便にてお送りし・・・

 

toruko

 

到着後に早速、お客様がご連絡をくださいました。

 

2つとも、想像以上に可愛くて嬉しいです!
特にピアスは猫の思い出があるので感慨深くて……大切にしますね!

ありがとうございました╰(*´︶`*)╯

 

実物をお気に召していただけて、嬉しいです!ご愛用くださいねハートハート

 


セカンドピアスのオーダーメイド


ピアスホールを開けてから、2ヶ月後くらいにセカンドピアスへ交換予定のお客様より、

メールにて注文制作のご相談をいただきました。

 

現在、好みの太さやデザインのセカンドピアスが見つからず、

当店のブログ「ピアスのオーダーメイド」をご覧になり、ここだ!と思いご連絡を下さったそうです。

 

色々調べてご連絡くださるって、とっても嬉しいです〜〜

 

ご希望内容は片耳分のピアスで、ポストの太さがファーストピアスと同じ1.2mmの太さのもの。

デザインはお花のモチーフで、イラストを送ってくださいました。

 

お客様にご了承を得て、デザイン画をここにご紹介致します!

絵が上手なのでびっくりしました!デザイナーさんなのでしょうか??

 

デザイン

 

 

 

ピアスポストの長さは12mm、花部分の直径は10mm程度のご指定です。

その後メールのやり取りにて、細部の作りや使用素材をご相談しました。

 

表面のお花部分をシルバーで作り、一枚後ろのガクの部分はK10イエローゴールド、

直径1.2mmのピアスポスト&キャッチはK18イエローゴールド、

そして中心の使用石は、ブルーのキュービックジルコニアに決定です。

 

なるべく引っかかりがないようにとのご要望です。

花びらのカーブや抜きの具合は、お任せいただきました。

 

加工を始めます^^

 

適度な厚み(0.7~0.8mm)にしたシルバーの板から、お花を切り出します。

細めの糸ノコ刄4番を使って、内側から切り抜いていきます・・・

 

ピアス加工

 

5箇所から放射状に切り込みを入れます。

 

ピアスの作り方

 

花びらの外形に切り出します。オクラみたいですねん^^

 

花ピアス制作

 

5枚の花びらを1枚づつ、ヤスリで整えて・・・お花らしくなってきました。

 

お花ピアス作り方

 

中心をタガネで軽く叩き、凹みのカーブをつけます。

 

ピアスオーダーメイド

 

やっとこで、花びらの先端を外側に反らせます。

 

花ピアスオーダー制作

 

先端が痛くないように、丸く削って・・・後ろから見たところ↓

 

ピアス花モチーフ

 

青い石2.5mmを乗せてみます。ちょうどいい感じ〜。

 

青い花ピアス

 

中心に石を留めるための爪を5本、ロー付けします。

次に、下のお花を10金で作って・・・

 

リンドウピアス

 

10金の花の内側を切り抜いたら、2枚の花を18金のポストで合体させ、ロー付け。

 

ピアスキャッチのホールも、1.2mmのポストが入るように調整します。

 

ピアス加工ロー付け

 

石留め前に、途中経過の画像をメールでお送りし、確認していただきました。

 

磨いて仕上げたら・・いよいよ石留めして、片耳のセカンドピアス完成です!

世界にたったひとつの、オリジナルピアスですね^〜^

 

オーダーピアス

 

いよいよ発送します!発送のお知らせと一緒に完成写真を送ります・・・

仕上がったピアスはとても可憐で、素敵です〜。

 

手作りピアスはそれなりに加工代がかかってしまうのですが、

やっぱり存在感があってよいですね〜 きゃは

 

お返事をいただきました!

 

完成のご連絡ありがとうございます。

写真を拝見しましたが、ジルコニアも透かしの方もとても綺麗でイメージ通りです!
とても可愛く仕上げてくださってありがとうございます! 

よかったよかった〜佐川急便さん、よろしくです!

 

そして到着後に、お客様がピアスを着用した画像を送ってくださいました!

わーい嬉しい〜〜

 

ピアス注文制作

 

位置や大きさもバッチリでしたね!

 

いただいたメッセージです。

お世話になっております。
ご連絡するのが夜になってしまいましたが、無事にピアスが届きました。

とても綺麗でキラキラしてて、イメージ通りの仕上がりでした!
10Kのお花の切り抜きも正面から見えるようにしてくださったおかげですごく可愛いです!
さっそく着けてみましたが、サイズも問題ありませんので無くさないように注意しながら使いたいと思います。
(撮影があまり上手くなくて申し訳ないです…)

ブログに載せていただくのは構いませんので、デザイン画と合わせてどうぞお使いください。
この度は素適なピアスを制作していただきまして、本当にありがとうございました。
また何かありましたら松島様にお願いするかもしれませんので、その時は宜しくお願い致します。 
 

 

実物を気に入っていただけて本当によかったです!

 

ピアスは、顔に最も近いジュエリー。

小さいものですが、好みのお気に入りデザインを着けるとテンション上がりますよね!

 

どうぞ末長くご愛用くださいませ・・・

 


片耳ピアスオーダーメイド

今日は風がピューっと冷たいです〜

 

ラジオから流れてきたのはジャミロクワイonpu03

冬に聞くのが好きです・・・ちょっとくぐもったボーカルを、

あったかい部屋で聞くとぴったりきて、調子がいい〜

 

先日完成した、セカンドピアスのオーダーメイドをご紹介します。

 

ご依頼は片耳用のピアスで、素材はシルバーにゴールドメッキ仕様。

アニメキャラクターがつけているピアスをイメージしたデザインです。

 

シルバー950の、6mm角線から加工をスタート。

地金を挟んで固定しているのは木万力という、木に皮が貼ってある工具です。

 

シルバーピアス加工

 

  1. 角線を2mmの厚みにローラーで伸ばします。
  2. ご希望のバーの長さ35mmにカットして、垂直にやすりがけします。
  3. 側面を斜めに、バーの上部の幅を細く削ります。
  4. この時点では、上から下まで均等に2mmの厚みになっています。
  5. 上部の厚みを薄くしていきます。
  6. もう少し・・・バランスを見て、ヤスリで厚みを減らします。

 

バーが出来上がりました。かっこいいバランス。

 

シルバージュエリー制作

 

次に、ピアスポストを作ります。

市販パーツの玉付きピアスポストだと、玉の大きさや半球状の形が、

微妙にこのバーに合わないので、手作りすることにします。

 

3mmのシルバー950丸線を使って・・・

 

ピアス作り方

 

頭を丸く、つるんと削ります。ややフラットな感じで・・・

 

スタッドピアス手作り

 

糸ノコでカットして、裏面を整え、ポストを差し込む凹みをつけます。

 

ピアスパーツ手作り

 

当店では、ジュエリーの修理も受けていますので、

市販ピアスのポスト(軸)がポキッと根元から取れてしまい、

お直しに持ち込まれることが度々ありますが、

そういうピアスの構造は、ポストのロー付け接点が甘かったり、

融点の低いロー材を使用している事が、もろい原因です。

 

本体に、ポストの直径と同じ穴を開けてぴったりポストを差し込み、

融点の高いロー材で接合すれば、がっちりの強度になるのです。

 

ピアス作り方

 

ポストとバーにそれぞれ丸カンをロー付けし、

(こちらも、本体と丸カンを合わせる部位に凹凸をつけてしっかり接合)

 

ピアスが形になってきました〜

 

ピアス片方オーダー

 

バフ仕上げをして、ピカピカに磨きます。

 

オーダーピアス

 

ゴールドコーティング(金メッキ)をします。

22金の厚メッキをかけて、完成です。

 

リオンマグナスピアス

 

横から。バーに厚みがある造りをご希望でしたので、しっかりしています。

 

ピアスオーダーメイド

 

着けると、振り子のようにバーがブンブンと揺れるデザインです。

 

重すぎると耳たぶに負担がかかったり、キャッチが抜けやすいので、

全体のバランスに気をつけて作成しました。

 

ピアスホールを、片方だけ開けている人も多いのでしょうかね?

私も初めはそうでした。

 

もう片方を後から開けたのが20歳、歯医者さんに勤めていた時、

衛生士さんにお願いして表面麻酔を塗り、注射針でブスっと開けた・・・

そしたら左右の位置が違ってしまったのでした・・・

 

当時、受付とカルテ入力業務をしていましたが、

歯にかぶせる金属を作るため型取りしたワックスに、

気泡が入らないよう石膏を練るのをやらせてもらったりと、

今の仕事にいろんな経験が生きています。

 

どんな職業やアルバイトでも、たとえそれが目指す将来像とはかけ離れていても、

働いているときはそのプロとして、しっかり業務をこなす、サービス業なら、お客さんへの

心配りなど、気がついた事を率先してやるように、また興味を持って学ぶようにしてきました。

言われた事しかやらないような人では、自分で独立なんてできないと思ったからです。

 

今は、お客様から色々学ぶことが多くあります。

ご来店してくださる方との会話や、顔の見えない遠方のお客様との

メールでのやり取りで、想像力をたくましくしてご要望に応え、

一人一人の方に、お願いしてよかったと言っていただける内容を目指し、

ちょっと身体はガタがきていますが・・・これからも頑張ります!

 

 


失くしたピアス片方をオーダー

「片方になってしまったピアスを作っていただけませんか」

と、メールにてお問い合わせをいただきました。

昨夏、姉に誕生日にもらったピアスを片方なくしてしまい、

通った駅などを何回も見に行き、紛失物預かり所なども何回も行きましたが見つからず、

そのうち諦めがつくかなと思っていたものの、

1年経ってもおでかけ度に「あー、あのピアスがあったらなぁ」と

肩を落とす始末で、オーダー制作をお願いしたいと思います。

お気に入りのピアスが片方ない!と気付いた時・・・私も経験あります涙

(満員電車を降りた後にあれれ!と気づいてガックリ・・・)

 

さぞショッックな事でしょう・・・

 

お手元に残っているピアスの画像を送っていただきました。

 

ピアス片方製作

 

大小の涙型フープに、ぽこぽことテクスチャーが付いています。

 

市販のアクセサリーパーツに、似たようなものがあるのでは?と思い、

お時間をいただいてしばらく探してみましたが・・・

マシンカットのテクスチャーで、大きさや幅も異なるパーツしか見当たりませんでした。

 

おそらくお客様のピアスは手作り品なのではないかと思われます。

 

一ヶ月後、鎌倉在住のお客様より、実物を送っていただきました。

 

素材は真鍮or銅線ではないかと思います。メッキがやや薄くなっていました。

 

もし、手作りで新たに片方を作成し、金メッキ仕上げをすると、

現存のピアスとは金の色が微妙に異なってしまうので、そこが問題・・・

 

大小の涙型の素材はシルバーで作成して金メッキし、

フックや丸カン部は、お預かりのものと同じメッキ製品パーツとして、金額をお見積もり。

 

以上をお客様にご了承いただき、お振込いただいてから加工を開始。

 

たぶん、こうして作ったピアスじゃないかな〜という推測の元に、

銀の丸線を涙型にロー付けしてから、タガネを使い、ハンマーで打ってテクスチャーをつける方法で

トライしてみました。

 

タガネとは、鉄の棒(太い釘でも)の先端を焼きなまし、削って好きな形を作り、

再度熱して焼き入れをし、磨いて仕上げた道具です。

 

普段はほとんど石留めタガネしか使わないけれど、いろいろ揃ってま〜す。

右上の8本位は購入したものですが、あとは全て手作りしたタガネ。

 

タガネ

 

どれで打とうかな〜〜 これに決めました。

 

タガネ選択

 

0.8mmの太さの銀線で作ると、正面からの出来上がり線幅はちょうど良いけれど、

厚みが薄くなってしまうな〜、

0.9mm、1.0mmと試しながら作成しました。

 

タガネで模様

 

↑これは試作です。タガネを打つ間隔をいろいろ試したり。

 

さて、本番〜

タガネを打って模様ができたら、大小それぞれのパーツにカーブをつけて・・・・

 

どうかな!いい感じです!右側が新たに作ったメッキ前のシルバーパーツ。

 

片方ピアス製作

 

ここで一度、画像を確認していただきました。


お世話になっております。

画像を見て叫んでしまいましたよ!

もうここまでできていることと、
新たに作ったようには見えない高い完成度に驚いて、つい!!

試作をしてくださり、精度をあげてくださってありがとうございます。
丁寧なお仕事と、素人にもわかる、細やかな説明に
本当に安心してお任せすることができます。

完成を楽しみにしています。
引き続きよろしくお願い致します。
 

わ〜い太陽 喜んでいただけて、職人冥利に尽きます・・・

 

この後、メッキ工場に出し、上がったら元のピアスと同じピアスフックを付けます。

 

元のピアスも一緒にメッキをかければ色が揃うので一番良いのですが、

金属が何かが判明しませんので、う〜ん、残念です。

もし、亜鉛合金などが含まれていると元のメッキの下地が腐食してしまったり、

いろいろと難が出てしまうリスクがあるからです。

 

でもやっぱり色が揃うといいな〜と思い、メッキ工場にダメもとで相談。

 

そして・・・ついに完成したピアスです。右側が、新たに制作した片方。

 

失くしたピアスオーダー

 

両方ともメッキし、ほぼ同じになりました! 早速発送します!

 

到着後、メッセージをいただきました!

画像を見せていただいていましたが、実物もしっかり「そっくり!

どっちが手元に残っていた方なのかもうわかりません笑

 

1個1000円もしないようなセール品だったけどかわいいから!」と言って、

誕生日プレゼントのおまけでもらったものでしたが、

やっぱりこのピアスが好きだなぁ!と改めて愛着が湧きました。

大事に作って頂いたピアス、今度は無くさないように大事にします。

(でも、万が一また無くなっても作ってもらえますね笑)

本当にありがとうございました!また時々お店をのぞかせてもらいますね☆

 

私も、ピアスを梱包する時に、どっちがどっちだかわからない感じでしたキラキラ

制作した方は、裏に950の刻印(シルバー950)を入れています。

 

お姉様から頂いた素敵なピアス。無事、複元できてよかったです!

ご依頼ありがとうございましたきゃは

 


これより後の記事へ| 1/2PAGES |これより以前の記事へ >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ストーンスパイアHP

http://stone-spire.com
月曜定休 11時〜18時
03-5397-6131
お電話でのご相談は
火、木、金、土にどうぞ。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM