ヘッダー画像2018

一点ものの、バングル!

きれいな赤いガーネットのリング。

おじいさまからお母様へと送られた、思い出のガーネットリングは、このたびお嬢様へと受け継がれることに。

クラシックなデザインもとても素敵ですが、今の時代のライフスタイルやファッションに合わせてより使いやすく、より出番の多いアイテムにと、リメイクをご希望です。

お母様とお嬢様のお二人で、はるばる千葉より当店ストーンスパイアへ、ご来店くださいました。

まずはお預かりしたリングから慎重にお石を外します。

ガーネットリングリメイク

このガーネットを中心に、アンティークなイメージの模様が入ったシンプルなバングルに制作することになりました。

どんな彫り模様にするのか、デザインを起こす前に、お客様と一緒にいろいろとデザインのスクラップ・ファイルを見ながらお話をしつつ、お好みを伺います。

いくつかの候補となるデザイン画を書いて、一週間後にご自宅へと郵送することになりました。

(当店ではデザイナーと職人が分業しているのではなく、リメイクやオーダーメイドの際、デザインも加工も全て私が一貫して行っています。ですのでデザインの料金というのは発生せず、材料費と、職人としての加工代金のみで承っています。百貨店や他ジュエリーショップでのびっくりするようなオーダー料金とは差が出るのはそのためです・・・。)

そしてメールにてデザイン決定のお返事を頂き、いよいよ制作開始です。

オーダーメイドでバングルを作るときに重要なのは、一人一人違うお客様の腕の丸みや形、サイズに合わせてフィット感よく作ることです。

地金の厚みがある程度しっかりしていないと、容易に変形したり折れてしまうので、サイズや幅に合わせた厚みをもたせ、それでいて着けていても負担のない重量にして、構造のバランスを大切に考えます。

3週間後、完成したガーネットバングルがこちら。

ガーネットバングル


ガーネットの赤と、シルバーのいぶした彫り模様デザインが見事にマッチしていて素敵です!

バングルを手首に着けた時にくるくる回ってしまうこともなくフィットして、仕上がりをとても喜んでいただけました♡

すっと手を伸ばした時に、その存在感にドキッとさせられる、とても女性らしいバングルです。

〜ついでに、宝石豆知識 ガーネット編〜

ガーネットと言えば、赤い石、を思い浮かべますが、

しかし実はガーネットは単一の宝石ではなく、組成される鉱物に含まれる微量の金属元素によって、さまざまな色のガーネットがあり、鉱物学上では細かく名前も分かれています。

主に市場に多く見られるのは、赤〜暗赤色のアルマンダイト・ガーネット。

アルマンダイトより、彩度が明るめの赤の、パイロープ・ガーネット。

そしてピンク〜紫がかった赤の、ロードライト・ガーネット。

オレンジ色のスペサタイトやヘソナイト・ガーネット。(筆者はこの色のガーネット大好きで。でもなかなかお目にかかれない・・・)

鮮やかなグリーンが美しくて希少なために高価な、グロシュラライト・ガーネットなど。

ガーネットは和名「ざくろ石」。日本でも採れますよ。例えば建築用の石を切り出している筑波の山道に転がってたりします。

採石場で発破して吹き飛んだ土砂に混じって原石が転がり出てくるんです。土砂は埋め立て等に使う為ダンプで運ばれるのですが、曲がりくねった山道の途中で石がコロリンと振り落とされたり。

宝石品質のものはなかなか出会うのが難しいかもしれませんが、そういう所では水晶やトパーズなんかも拾えたりします。(土壁に埋まっているのは勝手に採掘しちゃダメなんですけど、道や、川底にきれいな石が転がっていたら誰だってつい拾ってしまいますよね。)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

ストーンスパイアHP

http://stone-spire.com
月曜定休 11時〜18時
03-5397-6131
お電話でのご相談は
火、木、金、土にどうぞ。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM