ヘッダー画像2018

本っていいね

一雨ごとに、秋も深まり・・・

昨日は定休日でした。

お店が休みの時はいつも、工房作業か、外回りに出かけています。

 

私の外回りとは、石やパーツ、チェーンなどをメーカーさんで仕入れたり、

キャスト工場や、メッキやさんに寄ることが主な目的です。

 

たまには読書しよう〜と、文庫本を持って電車に乗りました。

 

「君の膵臓を食べたい」

 

(娘に買ったが、全く手をつけられていない本のうちの一冊)

 

ドキッとする題名とは裏腹に、とても鮮やかな青春小説でした。

 

登場人物が死んじゃうことがわかっているお話は、どうも気が進まないのですが、

この本はのっけから読みやすくて、それに高校生たちのまっすぐな感情や会話には、

ちょいちょい軽く名言が盛り込まれていて、

オバさんは4分の1読み進めたところで、すっかりこの物語にハマりこんでいました。

 

性格も行動も正反対の女子と男子が、「死」を身近に置きながらお互いを少しずつ知るうちに、

物事の見方や、自分の存在価値が変化していきます。

 

嬉しかったり、相手を試したり、怒ったり、二人とも魅力的で、キラキラして見えました。

 

文字を追っている時の、想像力を掻き立てられる楽しさって、ドラマや映画では味わうことができない、

いいものですね。

 

女の子が亡くなってからのお話の運びも、これまた良くできていて、

この本読んでよかった、素敵な作家さんだな〜と余韻を楽しんでます。

 

私の10代はどうだったか? とにかく行動あるのみで、多くの仲間がいましたが、

人との関わりに、こんなに深く考えた事も、

言葉にしたこともありません多分。

(あの頃一緒に行動した皆は今でも大好きです。あと、感謝してます。)

 

実際に、身近な友人が事故で亡くなったことがあります。

その時も、自分の気持ちをうまく言葉にすることはできませんでした。

 

亡くなった子のご家族とは、しばらく交流がありました。

明るくてキラキラしていたその子は、私たちの心の中では永遠の16歳です。

 

高2の時、他にも亡くなった友人が3人いて、それまでは身勝手で自己中心的で、怖いもの知らずだった私が、

友人たちの死で、何かが変わったのは間違いないと思います。

 

おバカな私もそれなりに丁寧に、しっかり生きたいと思うようになりました。

 

10代の頃のいろんな経験が、今の私を成立させている・・・

 

若人よ、人と関わることを恐れないで!!思いやる心は必要だけど、空気読みすぎちゃだめ〜

 

そして、若いうちこそ本を読みましょう。そして外に出ましょう!!!

 

 


コメント
わかります〜〜^^
私も今の職場が本関係なので文庫本とかよく読みます♪
次はど〜なるの〜〜??あーでも買い物に行かなくちゃ!とか
続きが気になって気になって、でもすぐに読めないもどかしい時間もこれまたよいのですよ〜(笑)
子供達はスマホでメルマガとかを読んでるみたいだけど、やっぱり!本!!めくりたい〜!o(*>▽<*)o
私も「君の膵臓を食べたい」読んでみますね!
  • minako
  • 2017/11/15 2:46 PM
minako様は、本関係のお仕事なのですね!
いろんな情報がわかっていいですね〜羨ましいです。

最近、ハードカバーは重くって敬遠しがちな私ですが、
やっぱり紙をめくりたい!という人はきっと多いはずですよね。

子供の受験勉強中は、私が堂々とドラマ見るのも何だかなので、(いや実は音量小さくして字幕で見てます。)夕食後は本読もうかと思ってます。オススメの文庫教えてください!

情報に疎いので、本屋では結局話題の本を選んでしまいます。
今の所次は西加奈子さんのサラバを読もうかと思っています〜
  • ストーンスパイア
  • 2017/11/16 1:14 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ストーンスパイアHP

http://stone-spire.com
月曜定休 11時〜18時
03-5397-6131
お電話でのご相談は
火、木、金、土にどうぞ。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM