ヘッダー画像2018

親子バトルからの・・・

11月の期末テスト後、これでやっと受験勉強に取りかかれるぞ、

となったわけですが・・・

 

休みの日。家で勉強をしている娘が、夕方、仕事中の私に電話をしてきました。

 

その日は自己PRカードの記入と、理科テストの間違い直しノートを作るのだったらしい。

 

「なんかやる気が出なくて全く進まない・・・どうすればいい〜」と泣きを入れてきたのです。

 

え?なんで・・具合悪いの?

 

「書けない・・・・」 ??? どうしたよ〜

 

全力で血走って取り組んだテストが終わって放心状態か?

 

まさか、昨日インフルエンザの予防接種したから脳に影響した?わけないか・・・

 

帰ったら、PRカードは一緒に考えてあげるからさ。

ノートは、いつもサクサクパーフェクトに作ってるのに、どうしちゃったのよ?

 

「わかんない・・・できない・・・」

 

今回の理科テストでは、勘違いのケアレスミスをしたので

いつものように点が伸びず、それがショックだった?

 

どうしても書けないなら、先生に正直に話してすみませんって言えば。

 

ねーしっかりしなよ〜と言っても、反応なし。

 

会話が堂々巡りで無言になる娘に、じゃ電話切るよ、後でね!

 

閉店後、帰宅すると・・・

 

???何やら玄関前の暗がりに怪しいモノが。

 

なにコレ虫? 紙に描いたゴキブリみたいなの。

 

風になびいて、触覚や手足がサワサワ動いてるよぉ!

嫌がらせか?誰よー? 

 

証拠写真撮っとこう・・・ うぇぇ〜

 

musi1.jpg

 

足でつついいてみると、虫の裏にティッシュで巻いた重りが、ガムテで止めてあるようす。

 

家のガレージでノラ猫にご飯あげてるから、その猫たちがご近所で迷惑をかけた?

 

もしや猫ウンチが入ってるかも。でも臭くはないな・・・

 

明るい所へ移動させてみた。こんなのわざわざ描くなんて、恨まれてるんかな私。

 

musi2.jpg

 

恐る恐る、壊して中を見ると・・・

 

musi3.jpg

 

あっ!!!  こりゃデカMONO消しゴムだ。

 

・・・・犯人は、娘だ。

(私は別に虫嫌いではない。ゴキブリや蛾が超嫌いなのは娘だ。)

 

イライラを私にぶつけてくるのは、これまでにもあったけど、

勘弁してよ〜もう。

 

やる気が出ない時は、気分転換も必要なんじゃない?外走ってくれば。 

ブンブンと首を横に振る娘。

 

受験勉強の重圧や焦りは、皆同じでしょ。

淡々と、黙々とやるしかないんだよ。

キーキーしてグズグズ泣き出して、

イライラして家族に当たるくらいなら、もうそんな受験やめれば!

 

あーあーもう、どうしたらいいんだろう。

一生懸命頑張ってるけど時間が足りないという娘に、

頑張って!とは言えないし・・・

 

仕方ない、横で私も一緒に問題を解いてみたり、答え合わせを解説したり、

一時的に勉強に付き合ってあげると、少し落ち着く様子。

 

一週間後、内申が言い渡され・・・・

満足のいく結果で、これには喜んでいました。

根性の塊だったよ、本当によくここまで頑張ったね!

 

その数日後の模試。

時眼内に問題を解き終えることができず、周りはみんなできたのに、自分だけがダメだと落ち込む。

 

塾で、自校作成問題の過去問に取り組む。→散々な結果。

夕食の時に、弱音を吐き出した。

 

「もう、私立校の単願推薦にしようかな。都立難関校に入れても、

成績ビリだったら大学入試に不利だし。」

(娘の年から大学受験が変わるので、試験だけでなく、高校での活躍必要らしい。)

 

え!? ・・・うん、それでもいいんじゃない。都立難関校は勉強の進度が早いし、今よりさらに

勉強ベンキョウの毎日になる。お母さんはアンタの身体と心が心配だよ・・・

 

「他に行きたい都立高校がないから、都立の志望校を下げる事はしない」と言う。

 

内申が出たこの時点で私立の併願優遇もらえるの決定だし、

何も、併願より基準の低い単願にしなくても、

もともと都立難関校はチャレンジ受験で推薦も受けるでしょ。可能性ゼロじゃないよ。

 

「自校作問題受かる気がしない・・・今まで勉強してきたこと全部忘れてるし、

長文も全くわかんない。理社も点取れなくなった。」

 

ナーバスな娘の背中が丸くなり、首がどんどん下がってく・・・

 

まずいぞ、ネガティブの塊になってる。

 

あのさ、一番良くないことは、できなかった時に、自分はダメだ〜とグズグズしちゃうこと。

 

答え合わせして、間違っていたら、ありがとーーーーう!!!って思わなきゃ。

 

ああよかった、できないことはコレだって今気づかせてもらった!って、

ポジティブにいこうよ。それと、人と比べない事。

 

できなかった問題をやり直すのは、確かに時間なくて全てこなすのは無理かもしれない。

でも淡々と見直しをして、一つでも身にして、一歩でも前に行こうと思える?

 

それも身が入らないんだったら、単願がいいと思うよ。

 

明後日、三者面談で志望校の最終確認だから、自分で決めなね。

あなたは外科手術のプロ!の獣医になりたいんでしょ。手先が器用だしカンもいい。

「私、失敗しないんです」ってアニマルドクターXに、きっとなれるよ。

目指すのはそこなんだから、我が道を行くぞって気でいいんだよ。

 

 

はぁぁ〜〜〜。

 

ママ友と話しをすると、皆それぞれ、難しい年頃の子どもに向き合って

志望校決めや、この受験のヤマ場を乗り越える精神面のことで、お互い愚痴の吐き出し合い。

 

それができるママ友たちがいてホントよかった。

受験は本人も大変だけど、親も結構苦しみに直面の日々。

馴染みのお客様も、経験からアドバイスをくださって、

応援してくれる皆さんの一言がすごくありがたいです。

 

結局、志望校は今まで通りで進めることに。

 

担任の先生も、塾の先生も、もっと自信持っていいよと言ってくれている。

こりゃ本人のメンタル次第ですな・・・

 

そんな時、同級生がレスリングで全国制覇!したというビッグニュースが舞い込んできた。

 

小学生の時、私と娘が武道を習いに通った体育館で、

同じ曜日に隣のアリーナで、その男の子はレスリングの練習に励んでいました。

 

この全国大会に向けて、給食もほとんど食べずに減量していたそうです。

普段、お笑いが好きで、優しくて力持ちの彼は、

これまで試合のたびにトウフメンタルと言われてきましたが、

今回、意識改革をして、自分に自信を持つ、強いメンタルを目指したそう。

 

そして、決勝戦でいつも負けてしまう相手に、なんと4-0で勝利したのです。

ユーチューブで試合を見ましたが、苦しい組合いのさ中、前へ前へと向かう彼の姿に感動しました。

 

自分を信じて努力する、辛いのをこらえて一歩進むその姿は、

受験生の皆に、響くものがあったと思います。

 

受験生の皆さん、おうちの方、あと少し、踏ん張りましょう!

 


コメント
うーん。。ほんとに、今くらいが一番不安の絶頂なんでしょうね〜;;
うちの長女の時もだいぶご乱心でしたよ^^;
そうゆう時って親としてほんとに何て言ってあげたらいいのか。。
励ますのも違う気がするしかと言って気持ちに寄り添えば自分まで落ち込んじゃうし
難しいですよね〜
誰か正解を教えて下さい!ってすごく思ったな〜;

気分転換が必要ですかね(・・;
何か受験以外の事に少しだけ目を逸らしてみるとか。。
目を逸らした結果のゴキブリですかね?笑
よく出来ていて笑えました。

とにかく、みんなが通る道だと思うのでお嬢さんも不安でしょうが手探りで悩んだり迷ったり
もうだめだー!って叫んだりしながら自分なりにやっていくしかないのかな〜と思うのですf^O^;

我が家も長女が落ち着いたと思えば次女が好き勝手なことを言ってみたり
大人の階段を上ろうと必死でもがいている最中のようです。(苦笑)
子供はみんな大変ですね〜付き合う大人も気苦労が絶えませんね。






  • minako
  • 2017/12/06 2:57 PM
そうなんです!本人も親も、もうどうしたら良いのやらと・・・・
正解がわからなくなります。

この一週間、娘はネガティブの岩となり、今まで見たことがない珍行動をしています。笑えるものもありますが、これもしやホントに心病んでる?というシビアなものも・・・

このギリギリでもう一度、落ち着いて志望校への意思を改めて考えてほしいと思っています。行きたい学校に入学したものの、常にこの状態になる可能性もあるんじゃないかと案じてしまうのです。

とにかくこのままの状態では、全くはかどらないので実力不足となってしまうでしょうし・・・


お姉さんが落ち着く頃、妹さんが・・・妹さんも辛かったでしょうね。笑顔がなくなるのって、みんなが辛くなりますよねホント。

で、これがまたあと2〜3年後に大学入試で繰り返すわけですよね。

そのくらい競争でもまれないと社会で使えない、やっていけないという事実はありますが、やりたい道の職人目指すなら我が道を行くのもいいと思うのですが・・・

娘の決断をじっと待ちます。

  • ストーンスパイア
  • 2017/12/07 12:26 PM
うちの長女は中学入学直前に病んでるかも...というかなりシビアな状態になり
心療内科をハシゴしましたよ^^;
怖いですよね。親も何だかわからなくて怖いし子供も心のバランスを崩して何でこんななの〜って不安でたまらなかったみたいです。

最初の病院は躁鬱だって言って薬を出されましたが全然効かなくて。
納得いかなくて他の病院を探しました。
相談したらすごくよく話を聞いて下さって、大丈夫ですよって言ってくれて
心と身体のバランスを少し崩しちゃっただけで何ともありません!病気なんかじゃないですよ〜って。
もう私も娘もすっごく安心してその日から劇的によくなりました☆

薬も漢方の女性や子供のストレスとか癇癪に効く感じの弱いのを出してくれて
気休め程度に飲んでとにかく毎日娘に寄り添って好きだよ〜大切だよ〜そのままのあなたで!何一つお母さんはあなたに不満がありません!って言い続け(笑)

ちゃんとしなきゃ、頑張らなきゃって真面目な子ほど思いつめてしまうものなんでしょうね。
それもあって受験の時もまた病んじゃうかもと怖かったのですが
あの頃よりも多少逞しくなっておりました。
親が右往左往してパニックにならずどっしり構えて見守るしかないのはわかっているのですが
やっぱり大切な娘のことですもんね。信じている分よけいに肩に力が入ってしまいます。

見守るしかできないですよね。じっと待つしか。。
親ってほんとに大変な職業ですね^皿^;



  • minako
  • 2017/12/07 2:24 PM
そうだったのですか・・・
お嬢さんも、ご家族もとても苦しい思いをされたのですね。
でもいい病院の先生に出会えて本当によかったですね!

やはり心と体のバランスですか・・・。現状かなり心配なところです。

minako様がお嬢さんに寄り添って言い続けたこと、素敵ですね!
私も見習って毎日声かけしてみます!
ありがとうございます!!
  • ストーンスパイア
  • 2017/12/07 3:12 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ストーンスパイアHP

http://stone-spire.com
月曜定休 11時〜18時
03-5397-6131
お電話でのご相談は
火、木、金、土にどうぞ。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM