ヘッダー画像2018

ピアスが好き

3色ピアス

ガラスビーズを3色、縦につなげただけのピアスです。彩度(トーン)を合わせるのがコツ。

お店でもっとも売れるアイテムは、数でいくとだんぜんピアス。または上部パーツをつけかえた、イアリング。

価格が1000~2000円台とお手頃で、さまざまなデザイン、色、長さ等のアレンジができて、作る側の私も、身に着けてくださるお客様も、季節やファッションに合わせていろいろ手軽に楽しめますし、顔まわりのアクセサリーなので、気分の切り替えや、人に与える印象に効果抜群です。

ビーズやパーツは手に入りやすいし、ネックレスやリングなどに比べて難しい技術は特にいりません。ぜひ手作りしてみてください。

揺れるデザインは横顔のあごのラインを基準に、ポイントやバランスを考えて作りましょう。
左右違うデザインや長さのものも人気です。

どんなデザインにしよう?新しく買った服やお気に入りのバックや靴などの小物と合わせてコーディネイトすることを思い浮かべると、イメージがわきますよね。

小さいものですが、丁寧に繊細に作ると、ジュエリーに負けない存在感があります。

(お店では、片方なくしてしまったピアス、イアリングも、パーツの在庫があれば、片方のみ注文していただけます。)

秋冬は、コート、ストールなどでつい引っかけてしまい、ピアスを落としてしまいがち。
つりばり型のフックピアスにも、落下防止にシリコンキャッチをつけると安心です。

アレルギー対策も大事です。現在日本ではニッケルを含むものはPL法で禁止されていますので、メッキされているパーツは真鍮や銅、銀などが生地となる金属ですが、一部の輸入パーツでニッケル等を含む合金のもありますので注意。最近よく見かける14KGFは真鍮生地がほとんどです。

ノンアレルギー(アレルギーを起こしにくい)のパーツとして、チタン、サージカルステンレス(医療用のメスなどに使われるステンレス)、18金、プラチナ、シリコンやセラミック、などがあります。

チタンはチタン合金が主なので、ものによってはかぶれる方もいらっしゃいます。18金は、銅、純銀が含まれているので、やはり体質に合わない方も。

今はアレルギーがないから大丈夫、という方も、体調や環境により体質が変化して、いままでは問題なかった金属が急に合わなくなったりします。特に暑い時期に注意。気温が高いと金属イオンをたくさん出すからです。

用心して、なるべく安全なパーツを使いましょう。一度アレルギーが起きると、なかなか治らないようです。

イアリングの場合、耳に当たる所に透明なマニキュアを塗る、という応急処置もあります。短時間ならこれで大丈夫という方は、パーティなどで使えるテクニックです。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ストーンスパイアHP

http://stone-spire.com
月曜定休 11時〜18時
03-5397-6131
お電話でのご相談は
火、木、金、土にどうぞ。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM